スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホームページでFlashを表示させる
2005.11.06 (22:17) [ Flash+HTML ]ホームページにFlashtrackback(0)comment(2)
Flash(.swfファイル)をホームページ上で表示させる方法です。


まず、作成した、またはダウンロードした.swfファイルを
自分のホームページスペースにアップロードします。
アップしたFlash(.swf)を表示させ、URLをメモしておきます。

表示させたい部分に以下のタグを書きます。

<embed src="URL" width="横幅" height="高さ"></embed>

"横幅""高さ"は希望する大きさを書きます。(ピクセル数)
これは必ずしもFlash(.swf)の大きさと揃える必要はありません。
大きさが違う場合、Flashにサイズを固定するアクションスクリプトが
記述されていなければ、指定されたサイズに合わせて表示されます。


このFC2ブログの場合、記事の編集画面に上記のタグをそのまま書き込めば
記事中にFlashを表示させる事ができます。


より細かく設定して表示したい場合、以下のタグを使います。

<object classid="clsid:d27cdb6e-ae6d-11cf-96b8-444553540000" codebase="http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/
flash/swflash.cab#version=7,0,0,0" width="横幅" height="高さ">

<param name=movie value="URL">
<param name=quality value=high>
<param name="loop" value="false">
<embed src="URL" quality=high pluginspage="http://www.macromedia.com/jp/
shockwave/download/index.cgi?P1_Prod_Version=ShockwaveFlash"
type="application/x-shockwave-flash" width="横幅" height="高さ">

</embed>
</object>

highと書かれている部分は
Flashを高品質で再生する事を示しています。
低品質にしたいならlowとします。

"false"と書かれている部分は
Flashを繰り返し再生しない事を示しています。
繰り返し再生したい場合は"true"とします。

その他の項目も
<param name=設定したい項目 value=設定値>
を付け足していく事で各設定を行う事ができます。

また上記のタグを使った場合、もし見る人のパソコンに
Flashメディアプレーヤーがインストールされていない場合
任意でインストールするかを問うウィンドウを表示させる事ができます。






スポンサーサイト
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。