FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時計を作る
2005.11.29 (20:31) [ Action Script ]時計trackback(0)comment(0)
ローカル(見る人側)の時間を取得し、その値を回転の角度にすることで
アナログ時計を作ることを学びます。
同時に携帯電話待ちうけ用Flashの作成について勉強します。

今回作成したアナログ時計です。
時針、分針のほか、右にコンパス機能を付けてみました。
アイコンのある方向に太陽を向けると針が北を示します。
夜7時から明け方4時にかけてはアイコンが北極星となり
常に上を北と指します。

携帯電話待ち受け用

 右クリックで保存し、PCのメールから添付して送るか
 アドレスから直接開き保存してください。
 機種によってはサイズが合わなかったり開けません
 (FlashLite1.1対応機種のみ)
 昼と夜でバックグラウンドが変わります。
 現在、時々針が短くなる現象が起こります。
 再度待ち受けに設定し直してください
 このFlashの著作権はrawに有ります。
スポンサーサイト
影つきウィンドウを作る
2005.11.25 (11:35) [ 描画 ]影つき窓trackback(0)comment(3)
メニューやコンテンツを入れるウィンドウに影をつけて
立体感をだします。影自身は背景を透過するようにします。



ウィンドウは3つのパーツからできています。
・ウィンドウの枠
・ウィンドウの影
・ウィンドウの影の角
どちらもムービークリップ(以下MCで作成すると良いです。
理由は後述します。


では新シンボルMC"影付きウィンドウ"を作っていきます。
まず矩形ツールを使って適当な枠を作ります。
この時点で大きさは無視していいですが、
縦と横の比率は任意のものにしておいてください。
でないと、完成品の影が伸び縮みで太さを変えてしまいます。

waku1.png

この枠全体をMC"ウィンドウ枠"とでもシンボル変換(右クリック)
しておいてください。

次に新しくMC"ウィンドウ影"を作ります。
矩形ツールを使い長方形を自由に書いてください。
周りの線(辺)は削除しておきます。
色塗りツール(バケツ)を選択し、その色をグラデーションにして
長方形を塗ります。

20051204152828.png

"ウィンドウ"→"デザインパネル"→"カラーミキサー"
でカラーミキサーのパネルを出し長方形の色を選択(スポイト)します。
グラデーション設定を使って
左端を 色「黒」 アルファ「80%」
右端を 色「黒」 アルファ「0%」
にして長方形を塗ってください。

waku2.png

これでウィンドウの影も完成です。


MC"影付きウィンドウ"の編集画面にもどしくMC"ウィンドウ影"
中に入れます。
"情報"のパネル等を利用し、幅を任意の値にして(今回は8.0)右と下の
辺に影を設置します。右下の角でそろえ長さは若干短くします。

waku4.png

枠も影もMCなのでFlashMX2004であれば
簡単に調整ができると思います。できない場合は、"情報"のパネルの
座標を使ってうまくあわせます。


さらに新しくMC"影の角"を作ります。
適当な大きさで正方形(長方形は×です)をつくり、
放射状のグラデーションを選択し、正方形の左上の角を中心として塗ります。

waku5.png

カラーミキサーのパネルを出し正方形の色を選択(スポイト)します。
グラデーション設定を使って
左端を 色「黒」 アルファ「80%」
右端を 色「黒」 アルファ「0%」
さらに下図の位置に 色「黒」 アルファ「0%」 を追加します。
20051204152544.png


このMC"影の角"MC"影付きウィンドウ"に追加し、
"情報"パネルで、辺の大きさを影の幅(ここでは8.0)にあわせ、右下の
隙間に入れ込みます。

waku7.png


また、大きさをあわせた正方形を複製し、回転させて
先ほどの長方形の影の長さのあまった余白部分に同じように入れ込みます。

waku8.png

これを左下の角と右上の角に作れば完成です。


waku9.png


線や色によっては影の角に若干のズレが出ます。
"情報"パネルで状態を見ながら座標をあわせて綺麗に繋げてみて下さい。
取り敢えず。
2005.11.10 (00:03) [ Flash+PHP ]Flashで掲示板を作るtrackback(0)comment(1)
ポンクソフト様の記事を参考に作りました。

ごらんのように文字化けが激しいです。
現在文字コードの互換性を勉強してます。

一言BBS


スライドメーターを作る(追記:フラグ変数)
2005.11.09 (16:18) [ Action Script ]スライドメーターtrackback(0)comment(0)
ある状態に成っているのか、いないのかを判断する目印
「旗」の役割を持つフラグ変数についての追記。
more
スライドメーターを作る(座標の制御)
2005.11.08 (18:03) [ Action Script ]スライドメーターtrackback(0)comment(0)
前回、スライドメーターを作る(1)からの続きです。
記述したアクションスクリプトを読み取って、座標について勉強します。
more
ホームページでFlashを表示させる
2005.11.06 (22:17) [ Flash+HTML ]ホームページにFlashtrackback(0)comment(2)
Flash(.swfファイル)をホームページ上で表示させる方法です。


まず、作成した、またはダウンロードした.swfファイルを
自分のホームページスペースにアップロードします。
アップしたFlash(.swf)を表示させ、URLをメモしておきます。

表示させたい部分に以下のタグを書きます。

<embed src="URL" width="横幅" height="高さ"></embed>

"横幅""高さ"は希望する大きさを書きます。(ピクセル数)
これは必ずしもFlash(.swf)の大きさと揃える必要はありません。
大きさが違う場合、Flashにサイズを固定するアクションスクリプトが
記述されていなければ、指定されたサイズに合わせて表示されます。


このFC2ブログの場合、記事の編集画面に上記のタグをそのまま書き込めば
記事中にFlashを表示させる事ができます。


より細かく設定して表示したい場合、以下のタグを使います。

<object classid="clsid:d27cdb6e-ae6d-11cf-96b8-444553540000" codebase="http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/
flash/swflash.cab#version=7,0,0,0" width="横幅" height="高さ">

<param name=movie value="URL">
<param name=quality value=high>
<param name="loop" value="false">
<embed src="URL" quality=high pluginspage="http://www.macromedia.com/jp/
shockwave/download/index.cgi?P1_Prod_Version=ShockwaveFlash"
type="application/x-shockwave-flash" width="横幅" height="高さ">

</embed>
</object>

highと書かれている部分は
Flashを高品質で再生する事を示しています。
低品質にしたいならlowとします。

"false"と書かれている部分は
Flashを繰り返し再生しない事を示しています。
繰り返し再生したい場合は"true"とします。

その他の項目も
<param name=設定したい項目 value=設定値>
を付け足していく事で各設定を行う事ができます。

また上記のタグを使った場合、もし見る人のパソコンに
Flashメディアプレーヤーがインストールされていない場合
任意でインストールするかを問うウィンドウを表示させる事ができます。






横浜トリエンナーレ2005
2005.11.06 (21:35) [ 表現を学ぶ ]イベントtrackback(0)comment(0)
現在(9月28日~12月18日まで)横浜の山下埠頭にて
「横浜トリエンナーレ2005」が催されています。


全体テーマは「アートサーカス(日常からの跳躍)」
アーティストさんがその場にいたり、自身が作品に参加したり
「創る人」と「見る人」がごちゃ混ぜになった、
もしくは一体となった作品が沢山あります。


個人的には、「巨大なサッカーゲーム板」にやられました。
元々、「サッカー」という競技を小さくコンパクトに楽しもう
という目的を持った「サッカーゲーム板」が、敢えて巨大になる事で
もはや「サッカー」とは別の新たなスポーツになってしまった。
そんなぶっ飛び具合が面白かったです。


現代アートといっても、そんな難しく考えず
気軽に作品と遊ぶ気持ちで行ってみてはいかがでしょうか?
横浜トリエンナーレ2005

スライドメーターを作る(1)
2005.11.06 (07:55) [ Action Script ]スライドメーターcomment(0)
見ている人が自由に動かせるスライドメーターをつくり、
動かした場所によって、数値を得る方法を考えます。
more
ジェネレータを作る(if文、その2)
2005.11.04 (20:50) [ Action Script ]ジェネレータtrackback(0)comment(0)
ジェネレータを作る(if文)の続きです。
アクションスクリプトを読み取り
if文について勉強します。
more
ジェネレータを作る(if文)
2005.11.04 (19:52) [ Action Script ]ジェネレータtrackback(0)comment(2)
前回「ジェネレータを作る(1)」の続きです。
記述したアクションスクリプトを読み取り、
if文「もしも~なら」について勉強します。
more
ジェネレータを作る
2005.11.02 (22:35) [ Action Script ]ジェネレータtrackback(0)comment(0)
アクションスクリプトを利用して、ジェネレータを製作します。
ジェネレーターとは、入力、出力、処理などの必要な条件をパラメタで
指示し、目的に応じたプログラムを自動で作成するプログラムの事です。

テキストボックスに文字を入力してもらい、キャラクタがその文字を叫ぶ。
という、ムービーを作成し勉強します。
何気に、「キャラクタを動かす」からの続きです。
more
シンボルとインスタンスとは何か
2005.11.02 (15:15) [ 用語 ]シンボルとインスタンスtrackback(0)comment(1)
シンボルインスタンスとは何なのか。
両者に、どういった意味合いの違いが有るのか考えます。


例えとして、熱帯魚の泳ぐムービーを作るとします。
"挿入"→"新規シンボル"より
ムービークリップ(以下MC)"熱帯魚"を作ります。
この瞬間、このムービーには新たなシンボル"熱帯魚"(種類はMC)
が作られた事になります。


これを、演劇で例えれば、
今から「熱帯魚が泳ぐ」という劇を上映するため
「"熱帯魚"役」が用意された状態です。
しかし、このままでは「役者」が居ないため
ステージには何の変化がありません。
そこで控え室(ライブラリ)から呼び出し、ステージに配置して
「"熱帯魚"役」「役者」に「泳ぐ」という動きをしてもらいます。

用意された「"熱帯魚"役」シンボル
実際ステージに居る「役者」インスタンスって事です。

innsu1.png


ここでFlashの特長とも呼べる事は、

「役者は控え室の中に何人でも居る」

って事です。一度「"熱帯魚"役」(シンボル)を用意してしまえば、
「役者」(インスタンス)を何人ステージに呼び出そうが問題ありません。
そして各役者には、別々の演技を指示する事ができます。

innsu3.png


こうする事で、細々と「役」(シンボル)を作らなくて良く
Flash特有の「軽い動画」が実現する訳です。


また「役者」(インスタンス)に、細かい演技の指示や特殊効果、つまり
アクションスクリプトを与えたい場合があります。その時、
今まで「役者」は、その役の名前で「あだ名」のように呼ばれていましたが
区別できるよう、「本名」を名乗らなければいけません。
その「本名」に当たる物がインスタンス名です。
「あだ名」は呼びやすいよう好きに付けていいですが、
「本名」を名乗るにはいくつかのルールが有ります。
そのルールとは・・・・

・半角英数字である事(大文字小文字の区別無し)
・最初の文字は英語である事
・空白は使えない(アンダーバー"_”で表現ならOK)
・アクションスクリプトで使う言葉とかぶってない事
 (指示の言葉と名前がかぶってたらややこしいですね)



インスタンス名はインスタンスを選択し
"プロパティ"から記述することができます。

innsu4.png


Link
2005.11.01 (22:28) [ 表現を学ぶ ]Linktrackback(0)comment(0)
日頃Flashの勉強の参考にさて頂いているサイトへのリンクです。

  Flashの講座

        ○ Hakuhin's home page

        ○ Flash既出Q&A、Tips
       
         myhome-btf.gif

        ○ ポンクソフト
  
  Flashのブログ

        ○ がけっぷちの転職27歳から
          ど素人がWEBデザイナを目指す!

        ○ 日々適当に生きる

  携帯Flashサイト

        クリエーター発信のケータイフラッシュ『フラ~モ』(無料)



home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。