スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トレース
2005.10.21 (11:19) [ 描画 ]トレースtrackback(0)comment(0)
Flashは作ってみたいけれど、どうしても絵は苦手。
と言う方向けの描画技です。
薄い紙を使って、下地の絵を写す感覚で描画します。
ペンタブが無くてもマウスで書くことができます。
多少時間がかかるのはご愛嬌。

engerufissyu

まず、描きたい物の画像・写真を用意します。
今回は熱帯魚を用意しました。

では、"挿入"から新シンボル「熱帯魚」を作ります。

"ファイル"→"読み込み"→"ステージに読み込み"
で目的の画像をステージに読み込みます。
目的の画像の存在するフレームを、タイムライン上の20フレーム
程度まで伸ばし、さらにその後ろに空のフレームを作ります。
nettaigyo.png

空のフレームを作業するフレームとし、"レイヤーの削除(ゴミ箱)"
から二つ右にある"オニオンスキン"をクリックします。

 「オニオンスキン」とはユーザが製作しやすいよう、
 複数フレームの状態を同時に表示できる機能です。


"オニオンスキンの開始"を広げ、1~20フレームを
同時に表示してみます。
どうでしょう?うっすらと熱帯魚が表示されるようになったでしょうか?
nettaigyo2.png

これで、トレースの準備は完了です。
次に実際に描画していきます。

"ツール"から"線ツール"を選び、"オプション"の"オブジェクトの吸着"
を有効にしておきます。 
見やすいように倍率とかも上げとくといいです。

描きたい熱帯魚の輪郭を見て、角から角へ直線を結び
大まかに角ばった輪郭を作ります。 
nettaigyo3.jpg

「オブジェクトの吸着」は近接するオブジェクト(線や図形)を
自動でくっつける機能です。ここではそれを利用し、線同士を
次々とくっつけながらひとつの多角形(魚)を描きます。


"ツール"を"選択ツール"にし、"オブジェクトの吸着"を無効にします。
輪郭を見ながら線を曲げたり角を動かして、より形を近づけます。

完成したら1~20フレームを削除し、お好みの形・色に編集します。
nettaigyo4.jpg


今回は輪郭だけでしたが、中身を描くとよりそれらしくなると思います。
作業がすべて終わったら、ライブラリから元画像を消して
容量軽減に努めることをお忘れなく。




スポンサーサイト
prevhome next












トラックバックURL
→http://netlostman.blog31.fc2.com/tb.php/2-7db929d8
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。