スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マウスでドラッグ&ドロップ(2)
2005.10.23 (19:42) [ Action Script ]ドラッグ&ドロップtrackback(0)comment(0)
マウスでドラッグ&ドロップ(1)の続きです。
MC"熱帯魚"に記述した、アクションスクリプトの働きについて
具体的に見ていきます。
アクションスクリプト(以下AS)を見ていく前に、先ほど設定した
インスタンス名については、こちらを参照にしてください。


主役(熱帯魚)が「本名」を名乗ったところで
ASで指示を与えてあげます。


本題に戻り、記述したASを見てみます。

on (press) {
startDrag (_root.nettaigyo, false); // ドラッグ開始
}
on (release) {
stopDrag (); //ドロップ
}
onClipEvent (mouseMove) {
updateAfterEvent(mouse); // ドラッグをスムーズに
}


ざっと見ると三つの文に分かれそうです。一つ一つ見てみます。


では最初の文。

on (press) {
startDrag(_root.nettaigyo, false); // ドラッグ開始
}



最初のon (press){ }とは何でしょうか。
まずonは「マウスが重なった状態」を意味するのでしょう。
さらにその中でも、press、つまり「クリックされた状態」と指定されています。
よってon(press){ A }とは
「マウスが重なってかつクリックされたらAする」
という指示ではないかと予想できます。


では中身Aに当たる、startDrag( ,false)とは何でしょうか。
これは英語の通りで、ドラッグを始めるという事でしょう。
またここでは、さらに詳しく指示が与えられています。
truefalseかで別の動きをしてくれるようです。
ヘルプを見るとわかりますが、trueならば
ドラッグされるものの中心で引っ張り、falseなら
クリックした位置で引っ張る、という差が出ます。
この辺は実際に記述すると良くわかります。
取り敢えずstartDrag( B ,false)
「Bのドラッグをfalseタイプで開始する」
という事に成ります。


さらにその中身Bは_root.nettaigyoです。
Bに入るのは、ドラッグされる対象である事は間違いないでしょう。
そしてnettaigyoとはMC"熱帯魚"の名乗った「本名」です。
では_root.はなんでしょうか。
この部分には、nettaigyoの「所属」を表す
「本名」(インスタンス名)が書かれています。
いわば「住所」とか「持ち主」って訳です。(ホントは「階層」と言います)
今、nettaigyoの「所属」は特別何も指定してないので、
「世の中」にいるとしかいえません。
_root.はこの広大な「世の中」を現しています。
よって_root.nettaigyo
「この世の中に存在しているnettaigyo」
という意味になります。

参考として今回のムービーの「所属」の関係を見てみます。



例えば、nettaigyoの持っているawaを指定したい場合は
_root.nettaigyo.awaと書く事になります。
ただし、今回はnettaigyoにアクションスクリプトを記述しているので、
わざわざ「この世の中のに存在しているnettaigyoのawa」
と記述しなくても、単にawaとかいて
「あなた(nettaigyo)の持っているawa」
としてしまってOKです。


これらを合体させると、最初の文の意味は
「マウスが重なってかつクリックされたら、この世の中に
 存在しているnettaigyoのドラッグを、falseタイプで開始する」

になります。
正に、コメント"//ドラッグ開始"の通りです。


次に二文目を見てみます。

が、長くなったので(3)へ。

スポンサーサイト
prevhome next












トラックバックURL
→http://netlostman.blog31.fc2.com/tb.php/3-63c7decb
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。